平成26年度 事業運営基本方針


法令遵守

法令を遵守する。中でも、組合運営の基本となる組合員資格の適用の適正化は、より厳正に進める。


保険料の賦課

組合の円滑な運営のために、保険料の賦課について検討する。


組織基盤の強化

組合員確保に力を注ぎ、組織基盤の強化を図る。


保健事業を充実

特定健診・保健指導は、被保険者に対して積極的に受診を勧奨し、受診率向上に努めるとともに組合員の健康増進のため保健事業を充実する。


歳出の適正化

レセプト内容点検強化による医療費適正化、自家調剤に係わる技術料等請求自粛の趣旨徹底、医療費通知、後発医薬品の普及促進、事務の効率化等を図り、歳出の計画的削減に努める。


事務改善

組合員管理の適正化、保険料賦課・徴収の効率化、経理事務の電算化のシステム開発等を図りながら、適切に対応できるようにする。