特定健康診査

特定健康診査について

メタボリックシンドローム (内臓脂肪症候群) に的を絞った健康診断の制度です。
また、健診結果に合わせて特定保健指導(メタボリックシンドロームの予防や生活習慣の改善に向けた支援)を実施します。

対象者 4月1日時点で当組合へ加入されており、年度内に40歳から75歳になる全ての方が対象です。
受診期限 翌年の1月31日までです。
必ず期限内に受診して下さい。
負担 費用は、全額組合で負担します。
毎年6月中旬ごろ、組合本部より受診券・質問票などを対象者全員へ送付いたします。 質問票をなくされた方は、こちら

特定健康診査~特定保健指導の流れ

1.特定健康診査の申込み、受診日の予約

特定健診実施機関一覧表から希望の健診機関を選定し、電話等で受診日を予約します。
平成28年度特定健診実施機関一覧表
平成28年度 特定健診実施機関一覧表(鳥取県) PDF
平成28年度 特定健診実施機関一覧表(島根県) PDF
平成28年度 特定健診実施機関一覧表(岡山県) PDF
平成28年度 特定健診実施機関一覧表(山口県) PDF
平成28年度 特定健診実施機関一覧表(香川県) PDF
平成28年度 特定健診実施機関一覧表(愛媛県) PDF
平成28年度 特定健診実施機関一覧表(高知県) PDF
平成28年度 特定健診実施機関一覧表(徳島県) PDF

2.特定健康診査の受診

受診当日は、「国民健康保険被保険者証」、「受診券」、「質問票」を持参します。

  • 質問票の記入日~各質問項目の回答欄は、事前にすべて記入して下さい。
  • 受診前10時間以内は、水以外の飲食物は取らないで下さい。
  • 前日は、アルコールの摂取や激しい運動を控えて下さい。
  • 生活機能検査を受ける方(65歳~74歳)は、介護保険の保険証も持参して下さい。


3.特定健康診査の結果の通知 (健診機関より)

健診機関から検査結果とメタボリックシンドロームの判定が通知されます。
また、すべての受診者に、生活習慣の見直しや改善に役立つ情報などが提供されます。


4.特定保健指導利用券の送付 (当組合より)

特定健康診査結果から、生活習慣病の予防効果が多く期待できる方へ、特定保健指導利用券をお送りします。(組合本部より)


5.特定保健指導の申込み、利用日の予約

特定保健指導実施機関一覧表から希望の指導機関を選定して、有効期限内に初回面接を受けます。
※初回面接を行っていれば、2回目以降は有効期限以降でも引き続き利用できます。